株式会社小浜マリーナ
トップページ  >  かあちゃんのひとりごと
かあちゃんのひとりごと

結婚式

2016年12月20日

20161211しょうにんだいきくん.jpg

先日の姪の子、優ちゃんの結婚式(人前結婚式)に参加して、思いました。 

結婚式というのは ほんま、、いつから振りか思い出せません。

優ちゃんからみて、私は大叔母。。。というらしい。

形も年々変化してきていることだと思います。

 優ちゃんたちは

知り合って八年の月日・・・高校時代からだという、

ふたりの幸せそうな笑顔が心に残りました。

結婚したら即、現実の世界、生活です。 

八年もの付き合いで 気心も知り尽くしていることだし

 満利菜ちゃんも 安心です。  

証人の大貴君も一緒に記念撮影ほんとうにおめでとうー

三人揃うのは九年ぶり

2016年12月15日

201612ノ5電車中.jpg

乗った電車、と云うのか列車と云うのか、このようにお客さんが

ガラガラ状態、 二両編成の列車で主な駅以外は

一両目のドアしか開けられない・・・し

自動では開かない、押しボタン式です。


2016の2けしき.jpg

外の景色も変わり映えはありません。 ずーっとこんな感じ・・・


201612の3.jpg


201612の4けしき.jpg

201612のまいずるえき.jpg

一時間弱で舞鶴駅に到着

しかし、駅からの出口が分からない、 どちらが駅の前か、裏か?

節子さんに出口が分からないことをラインしたら

表側で待っている・・・とのこと・・その表が分からないのであります

舞鶴でこんな事では とても都会へは無理、無理な話


節子さんの部屋で道具を出し、遊びで年賀状の下書きを・・・のつもり

201612のえのどうぐ.jpg

眼鏡の典子さん(つね子という)は京田辺市からやってきました。

小浜に居る時に知り合って、、、、

201612の赤羽.jpg

ほんわか節子さんです。

節子さんとは18~19年前に知り合った。
201612よねむらさん.jpg


わたしがどうにか仕上げた、福寿草らしきモノ🌼

これが大仕事

おおかたが喋りと、食べりで 終わりました。

20161213の1.jpg


 「マジかよ。」

2016年12月12日


夜は特に冷えます・・・

そんな中、地区の臨時総会がありました。

驚きを表す言葉で近年は 「マジかよ」、と言いますが

 本当に「マジかよ”」と思いました。

何が・・・とは言いません。 しかし、、マジかよでした。

二つありました。 マジかよです。

そう、感じた人は だいぶ居たはずで、 タタカレズに居るためには

黙っていることであります。

繰り返しますが「マジかよ!!」

世間並の年末

2016年12月10日

あ~ほんとうに、押し詰まってきたこの28年度、

さぁて何をどうしたらいいのか、、 きのうは山の口で神社の祭礼でありました。

今日は夜、区の臨時総会、 明日は実家の長男の(姪の子)結婚式、

であります、そしてお寺の今年最後のお参りですが 御免なさいであります。

今日の内にお供えと 斎米料、お鏡料を 持って行って来ようと思います。

次の日は 舞鶴行きでこれは 列車の乗っていくつもりです。

幾十年振りの列車です。

車でもいいのですが あえて列車にしました。

こんな時でもないと 小浜線に乗ることもないし 一時間弱を

ゆっくりと、車窓から独り景色を眺めてみようと思っております。

東舞鶴駅に着けば、節子さんが迎えにきてくれます。

わたしも世間並みにケッコウ年末らしく忙しくなりそうであります。、

いちばん大変な 大掃除がありますが、、一気にはしないで

ボチボチ・・・と

大掃除は気持ちの締めくくりが主ではないかと思います。

・・・から、寒い時期に 気張り過ぎてしなくても、 常日頃が大事では

ないかな、

周りがせかせかしていると、暇そうにしているのが悪いような気がしたりして

落ち着きません。

いいんや、いいんや、自分流でいこーーー(若くないし無理しない) 

朝のテレビ番組

2016年12月 9日

人に会って、新聞を見て、チラシを見て、あらゆる本を見て、テレビを見て、

などから情報が分かって来ている。

今では一番多いのはテレビからの情報なのではないだろうか、

新聞や本などは ジッとして読んで考えて・・・分かって来る。

テレビは、 モノをしながら、自然に耳にはいってくる 、幾度もです。

あっちも、こっちもチャンネル回せば、どこの局も同じような話題です。

なので、 アナウンサー、司会者の好みで選ぶ、私であります。

孫ボンは、 朝ごはんの時に JIPというのを 見ていますが

孫ボンが いなくなると私はすぐに、アサチャンに変える、何故かというと

JIP はやかましいのです。

 ○か×、とかが 嫌なのです。 

細かくいうと、新人アナの張り切りすぎる 喋りが・・・

枡アナの 口にこもった声の 喋りが・・・というわけ・・

・・で どれを見ようと好き好きですから 。

時計、⏰

2016年12月 8日

2016128anotokei.jpg

玄関のあの、時計に・・・


2016128かべかけ.jpg

台所のその、時計に・・


2016128とけい2.jpg

そして部屋のこの、時計が 見ると 1~2分違っている  ので

電池を入れ替えた。

振り返らなくても見られるように 一つの部屋に 二個時計が

掛けてある。

それは台所と私の部屋とです。

あとは、玄関、勝手口、 座敷、 中の間と 旦那おっさん専用の場所

一階に数えてみると 時計が九つ、 え~っそんだけもあるんや、

他に トイレ、と洗面所には小さな時計⏰が置いてある。

別に時計好きであるということはないのだけど。

ただ、 集合時間や、 約束時間には今迄、遅れたことはない。

ただ、それだけです。

よく行く、集まるKちゃん宅にも 見渡すと五つの時計があり、

「え~っと今、何時かなと、 別の友達が見ると、どれもこれも

時間が違っている 前後10~分くらいはザラである。

「この、時計が大体おうているわ、とか いやっこっちが ほぼ

間違いない、5分程早い・・とか  」

 なんでピッタリと合しておかないん? と聞くと

「ちっとは早めに進んでいる方が 気が楽や」  とは

どういうこっちゃ?

私は1分1秒合っている方が良い。  

少しくらい早くなっていても 世の中の時間は変わらないけどなぁ

 他にもいるようです、 早めている人が・・・なぜ? なぜ?

教えて~、

  


アルコール依存

2016年12月 7日

今日で たしか25日目です。

何がと云うと、我がうち が始まって以来という事なのであります。

大記録と 言っても良い。

旦那おっさんが アルコールを断ってから 25日目なのであります。

肝機能障害であるのに 酒、🍶を呑み続けていた。

 そのうちに、バッタリと倒れるであろうと思っておりました。

肝機能障害で飲まなければならないという

医院からの薬は飲まない・・で (2ヶ月分ほど残っていた)

飲んではいけない 酒は飲む、 そんな状態で 身体はどんどん悪くなり

足も腰も悪化し まともに歩けなくなり  しまいには

「もう~ワシは人生の終わりに近づいて来ている・・・↷

 死ねる薬でもあればと思う、・・・」などと真剣に言っていた。

酒を止めたらどうかというようなことを、言うと まるで鬼嫁👹を

見るような顔で口をへの字にする。

「死ねる薬は・・ 毒は何処にでもあるのは、あるけど それを飲んで

自分だけで済む話ではないでぇ、 みんな迷惑するんやで・・

毒を飲まなくても、 いつかは死ぬ日がみんな来るさけ・・・」

「ぅ・・・・ん」

そんな時にシゲママが 小浜病院で検査してもらうと良いというて

現在掛かっている医院から 診療内容のコピーを貰い

旦那おっさんを連れて行ってくれました。

私は送り、と迎えだけ 病院の玄関から車いすでシゲママが付き添いです。

もしかしたら、入院か~そのまま、人生最後まで病院生活と覚悟していた。

血液検査、レントゲン検査、尿検査 など終えて 午後に迎えでした

車に乗るのもヒ―ヒーはぁーはぁーです。

結局は 「酒は一滴も駄目」 と、こん・こんと言われたようです。

このまま、酒を飲んでいたらどうなる、こうなると、お医者と看護師さんから

こと細かく説明があったそうです。

その日から 薬は私が管理して 毎日監視です。

少しずつ、 日が経つにつれて

野菜も果物も おかずもご飯も🍚食べるようになり、 

歩く足音も変わって来て、先日は 車にも乗れるようになり 見る見る

回復してきました。

 アルコールは本当に 身体の状態では毒になるのであります。

この、状態が続くかどうかは本人の意志次第であります。

こっぺがに・・・ご馳走だけど

2016年12月 7日

2016127かに1.jpg

こっぺガ二・・・をたぶん五杯あったように思う(生きている時は何匹と数える)

旦那おっさんが市場で買って来た。

この最後の一杯は私が食べても良いのですが、

買って来たときから 蟹、?カニ? まず、「あっ嫌」(≧▽≦)

素直に喜べないのであります。

それは そこらが汚れる・・・と云うことがパッと思いつく

手👆から、テーブルから こっぺガ二の強いニオイから、汁から、

後始末がぁ~と思ってしまうのです。

私はカニを食べるつもりがないので・・・


2016127かにおしだし.jpg

流しのところで身を出すことにした。

すりこぎで 足の身を押し出しながら


2016127かにがら.jpg

解体していく。

20161217かにみ.jpg

こうしておけば、誰が食べても そこらが汚れない・・・という訳


たまり場サロン

2016年12月 6日

公民館主催か、地域の婦人会、、老人会、ふるさと何とか、などからの集まり

名付けて「たまり場サロン」・・参加人数が少ないらしい

参加する人が少なくても行事と云うものは なんとか人を集めて行うのです。

これが意味があるのか、無いのか知らないが

とにかくきのうは本当に良い天気であった。

 そして公会堂へ行った。

役員さんと、参加する人達パラパラ

集まりが少ないと云うことはこのサロンは人気が無いと云うことなのでしょうか。

並べてある椅子に座り しばらく待っていた。

すると、介護施設からの 先生という人が二人来られました。

「 は~い、こんにちわ、私は 施設へ勤めて〇〇年経ちます」

(ずいぶんと長い間勤めているんだなぁ)

いゃ~なんちゅうのか、 物忘れをしている者に話しているような

なんとなく違和感を感じながらおりました。

みんなでお手玉遊びやら、 歌を唄ったりで 午前が済んだ

午後は 保育所を退職した 五人だったか?  で

歌あそび、鈴かベルかで ドド、ソソ、ララ、ソ・・・・自分の音の時に

ベルを振る、   そして 紙芝居、紙芝居です  はぁ~ 疲れた。

今日はほんに、きのうの疲れが出て、あああしんど~~

イカの墨のような雲・・・

2016年12月 3日

DSC02201.jpg
12月3日 夕方5時半 マリーナ事務所前

夕方のほんの一瞬の景色

あんまり見たことない雲でした(*^_^*)

最近の記事
facebookページ