株式会社小浜マリーナ
トップページ  >  かあちゃんのひとりごと
かあちゃんのひとりごと

大根の白和え、と大根と大豆で

2017年2月 7日

2017207だいこんてぎり.jpg

冬の大根は水気がたっぷりです。

細~く 包丁で切って行きます、そして塩を少しふって・・・

後でしぼります


2017207あげ.jpg

油揚げに味を付けて  からっと煎り焼きにして

2017207こんにゃく.jpg

コンニャクは細かく切って茹でて・・・

2017207とうふであえる.jpg

胡麻、味噌 酢、木綿豆腐と大根で和えます。

白和えのつもりであります。

これは一人前分・・・画像ピンボケだよね


2017207大根に.jpg

大根がまだあったので 斜め輪切にしてから7~8ミリ前後に切ります

斜め輪切にすると 煮てもシャキ感があります。

これ、昔、細木数子氏が おっしゃっていました。

人参と大豆とで煮物が一品、 薄味で。


お外は寒、さむ、だから家で

2017年2月 7日

2017207ほうれんそうあえもの.jpg

またまた、外は天気がよろしくありません。

そこで、

笑ちゃんから頂いたほうれん草がまだ残っていました。

振り向けばエノキダケとシメジが 役に立ててと私を見ております

よっしゃー

胡麻みそ和えを作ろう~

そして出来たのが これです。↑↑↑


2017207すぱとりんご.jpg

スパゲティの少々ありますね、 胡瓜も一本

そしてシワシワ直前のリンゴが半分あります。

これはサラダにしようーお

2017207ぷちとまと.jpg

酸っぱくてイマイチのプチトマトは小さく切って混ぜてしまいましょう

2017207じゃがいも.jpg

ジャガイモが四つあります。 ので茹でて
2017207めのあらい.jpg

この目の粗い これで裏ごし

2017207うらごし.jpg

裏ごしができました
2017207さらだ.jpg

はぃーーサラダちゃんの出来上がりでござんす。

どなたか様 食べにいらっしゃいませ・・・なぁ

えーー「そんな粗食なぞー要らん」 って、 はぃすんません

ほうぼう

2017年2月 6日

201726ほうぼう1.jpg

頂いたほうぼうです。


201716ほうぼうさしみ.jpg

ほうぼうの刺身は初めてです。 こりっくりっとしていて

すごく美味しい・・・


201726ほうぼうあら.jpg

アラも綺麗に うす塩水で洗って 一旦保存

味噌汁が一番かと思っております。新鮮なうちに 汁にしようと

思います。 早めに、

 古くなったら何でもダメです・・・モノでも、〇〇でも・・

いいや、、、骨董品はイイか、、、でも値打ちに依る(@_@)

節分も過ぎ、立春

2017年2月 4日

201724豆.jpg

節分、節分 午前中にお寺さんが玄関でお経を唱えて

お札さんと、豆さんを置いていかれます。

三日の日はお寺さんが来てくれるのが分かっているので

玄関は開けてあります。 天気が良かったのでウチは

網戸にしてありました。

仏壇にお供えして・・・


201724ぜんまめおにさん.jpg

 若狭町からやって来た鬼の顔が書いてある豆さん

ナカムラ母さんが裏におたふくが書いてあるで・・・と


201724ぜんまめおたふく.jpg

ほんまや!おたふくや・・

四日、今日は立春です。

よう考えたら 二月四日は 旦那おっさんの誕生日です

京子母が けんぞうは節分のあくる日に生まれた。。。と

よく、言うていたわ 今になれば めでたくもあり、めでたくもなしです。

だいたいが 年の初めの一月三日が 私の誕生日でありますが

シ~んとしたもんでした。

で。。あるから 後々も シ~んで済ませましょう。

独り好き・・・

2017年1月31日

2017131さけかす.jpg

冷え冷え どこにいても冷える、 暖房をがんがん焚いておれば

少しは暖かであるかもしれないが

ウチの家は 固まって一つの部屋にいないので 灯油が

あれあれと云う間に90ℓのタンクが空になってくるのです。

ストーブで暖かくしていれば いるだけ、、独りでこんなに焚いていても

良いのかなと 後ろめたい気分になってきます。

二階に旦那おっさんの部屋、と長男の部屋

下に旦那おっさんがいつもいる部屋に

、 台所、 脱衣所

孫ボンの部屋、 私の部屋、と 数えてみると

ストーブが七つ、 それが毎日であるから 驚きであります。

そうかといって 今更 同じ部屋で テレビを観たりは

出来ません。

そうなると救心か六神丸に頼らなくてはなりません。

ウチは皆、家の中では独りが好きなようです。

今日は 酒の粕で 甘酒を作りました 

普通の酒は飲めないけれど 甘酒はおいしい

独りで甘酒で暖をとりましょう、 🍶少しは、ほこっとするかもです。


水汲み場で

2017年1月30日

入れ物が何本か空いたので ついでに雲城水を汲みに行きました。

先に汲み終って下げる👜に入れていた人が・・・そうやねぇ歳の頃は

私と同じくらいか も少し上か・・の女の人が

 「どなたさんも、お先に 有難う、いただいて帰ります」 と

私は「 はいー」と言いましたが

水汲み場で 「お先に・・」は 何度か聞いたり、言うたりはしたことが

あったけれど 「有難う、いただいて帰ります」は初めて耳にしました。

なんと、心地よい言葉なのか

私は下を向いて汲んでいたので お顔さんは 見ていませんでしたが

 その人は 常日ごろ何ごとも感謝の気持ちが溢れているのでは

ないかと思いながら 思いがけない出会いにイイ気分でありました。

開山講

2017年1月28日

開山講と云って 今年になって初めてのお寺のお参りがありました。

私たちの菩提寺は 法華宗真門流です。

  わたしは信仰心は薄い方であります。

ある、友達の家は家族中が 朝と夕と神仏にお参りするそうです。

毎日です、 うちンチはとてもそんなことはできません。

仏壇の水や花をかえたりして 線香を立ててお参りするのは

わたしくらいなものです。

それで、今日のお寺では

お題目を唱えて (約20分) ご上人さまのお話しを聞いて

お茶をいただいて終わります。

ご上人さまの 話では

裏の庭に梅が一輪か二輪、咲いていたそうです。

~梅一輪ほどの暖かさ~・・・・雪の中ではありますが かすかに々

春とはまだ程遠いけれど 気配を感じかけてきたようであります。

この、感じかけてきたという頃が なんとはなしに喜びを感じます。

  が、

ホン春になると 春一番の南風が吹き荒れて これまた難儀なモノであります。

こう言うと 一年中でいつが一番良い頃なのであるのか?

春は南風が強い、 夏はじきに台風がやって来る  秋もそうです。

そして冬、、、う~~ん ええ時はないなあ

そぉー言いながら 幾年月。。。生きて来たのであります。☆彡🌙☀

雪の日から、打って変わり

2017年1月26日

2017126そら.jpg

こんな日もあるのです。

今朝は雲ひとつない、、、青空です。

こんな日は時間も早く経つのです。 一分でもゆっくりと この

太陽をあじわっていたいのに・・・

太平洋側の人には判らないと思う

年末に結婚して静岡県へ行った 人が 雨は二回だけだった

って。  洗濯物もよく乾くし いいけど

乾燥していて 顔には化粧水今までよりたくさんツケルよ

って。

大半が灰色の雲に覆われている生活であると 晴れた日はすごく

嬉しいモノです


2017126かわせぱっく.jpg

二日前の大雪の日に 地区の公会堂で あまり若くない人たちの集まりで

 パックをとり、飲む人は飲み、喋る人は喋り これも新年会です。

手前の鯖のヌタ、と 和え物は特に好きでおいしいかった。

ハタハタの焼いたのは 中骨が抜いてありました。

ここの玉子焼きは 美味しいです。

別に注文する時があります。

エビフライはいつも 大きくて しっかりエビです。

かぼちゃと高野豆腐の煮ものも 美味しい

御飯は別のパックで こんなに入れなくともいいのに、、、と

いうぐらい ギッシリ。

、、、ここのパックは 手作り感満載でみんな満足でありました。

しあわせを感じるのは やはり食べている時です。


しかし、、、寒さで身も心も

2017年1月24日

2017124そとみれば.jpg

外を見れば このとおり雪・・・また積もったようです


2017124なかみれば.jpg

家の中の温度計を見ればこのとおり・・・


2017124いものめ.jpg

さつまいもの葉っぱも このとおり・・・寒さでシボんでいたので

台所の暖かい場所に移動、 植物でも話しかけてやると育つらしいけど

そんな愛想も出来ない私・・

どちらを向いても 寒々した我が家であります。

せめて・・・

2017124はっぽうさい.jpg

温かい食べ物を~と八宝菜か九宝菜か、 これはトロミがついていて

冷めにくいし・・・とはいうものの あれも、これも、帰って来る時間は

いつになるか分からない、、、今はチンがあるから 好きな時間にすればいい

いつまでも私をアテにしていてもらっても もおぉーー歳だから。

悪い後は 良い事がある

2017年1月22日

20日の夜・・10時過ぎからだんだんと風が強くなり 暴風雨・・・強烈な風、

眠れるはずがありません。

ほんとうに眠れずに 起きたまま・・

こんな日でも眠れる人は そのコツ教えて貰いたいものです。


後で知った事ですが、 今まで台風でも窓の雨戸を一度も閉めたことが

無かった 旦那おっさんが、、、自室の雨戸を閉めたらしいです。

 それで当然なのです、 何処かから物が飛んできて硝子を割れば

二度、三度手間になります。

なんでそれが分からないのかと 何十年いつも思い続けていたのですが

今回は閉めたということを しげママから聞いて 「へ~ぇなんでだろー」

と  思ったくらいでした。

なんの心境の変化か、七不思議のひとつであります。

明日も寒波が来るようですが  20日以上にはならないのではないかと


勝手に思っております

波が3~4mなら風も しれており あの日は6mとなっており前線の通過もあり

ひどい風だった。

  生きている間はこんな嫌なことでも耐えて行かなければならないのです。

・・・・風もおさまり そして楽しいこともあった

高級肉のすき焼きと おでん、 焼き牡蠣などで気の合った仲間たちとの

新年会でした。

わたしは 去年も、おととしも、その前も そして今年も雅司さんの隣に座らせて

貰います。  

安心感・・・いいや 暖かい?いいや なんやろ なんや知らないが

そうなるのです。  

向かい側には 文さん、 この日は 「酒の魔力に勝のだ」 と・・・

演説していましたが

勝までは行かなくとも負けないギリのところで(どこまでがギリ)いいのですが

果たして 文さんは演説どおり勝っていたのだろうか、怪しい・・・(?_?)

わたしは

最後までは見とどけていなかったので その後の様子は~~~(≧▽≦)

雅司さんや文さん仲間たちが 以前の私かぁちゃん作の てこね寿司が

おいしかったと言ってくれました 。

そう聞くと 楽しみが出来てきました   冬の間に

てこね寿司を作ろうと・・・いう楽しみです。(毎日暇すぎるから)

日を合して段取りしてーー大袈裟に言えば生きる楽しみを与えてくれました。

20日は最悪の日でしたが 21日は最良の日でありました。


最近の記事
facebookページ