株式会社小浜マリーナ
トップページ  >  かあちゃんのひとりごと
かあちゃんのひとりごと

内外海小学校の遠泳大会

2017年7月11日

2017えんえい1.jpg

遠泳大会は見学に行ったことが無かった。 同じ五年生のいる,ばあちゃんが

「応援に行ってやらへんの?””皆頑張って泳ぐのに」 と電話があり

行かないと罪悪感が残りそうなので 初めて応援に行くことになりました。

出発は犬熊海岸からです。

五年生は500メートル  六年生になると800メートル

小学校の遠泳大会 初めに 校長先生の励ましのあいさつ

後ろの上が気になります(^_-)-☆ 光っております☆<<


こちらは児童と一緒に海へ…守り隊の方々
2017えんえい2.jpg
 選手宣誓

2017えんえい3.jpg
円陣を組んで 「なんとかなんとか,泳ぎきるぞ!!おーーっ」

五年生から泳ぎ始めます。
2017えんえい4.jpg

泳ぎ始めた児童たちに 「がんばって~~」と

思わず水際まで・・・・

2017えんえい5.jpg

だんだんと遠くになり 小さく見えます
2017えんえい6.jpg
ここ。。。阿納海岸がゴールです。

遠くから・・えんやこ~ら、、、と聞こえてきました
2017えんえい7.jpg
「えんやこ~ら、、、」と発しながら 全員完泳です。

どこに、どれが 五年生の上中保奈実か分からずに終わりました。

暑かった~~とにかく☀

2017えんえい8.jpg


片付きました。7月6日 晴れ

2017年7月 6日

201776した1.jpg
外から見るとこの建物

中にはこんなに沢山

201771した2.jpg

201776した7.jpg


201776した8.jpg

201776した6.jpg

もう、すかすかです。あの子も、この子も五人で一気にやってくれました。

、不用品は次々と処分場へ、、あとは二階の畳だけ。 一段落です。

ほんとうに、みんな速い動きで、驚くばかりです。もういつでも解体できます。

業者さんの予定は 24日以降です。
201776した9.jpg
201776した11.jpg

お名前を・・・だけです

2017年7月 5日

旦那おっさんがまだ三十代の時に加入した保険を一度書き換えて

もう何年も前に支払いも済んで終身保険になっていますが

個人情報の問題で

本人以外にも話ができるように

家族の登録をしてほしいと・・・・家族に加入者の話をしても良いように

本人の署名が欲しいと、 きのう保険会社の営業の人が二人来られましたが

とにかく自分の名前も、字というモノを書くのが嫌いなので改めて今日きてもらう

ことになりました。

旦那おっさんにその旨を知らせなければなりません。

。。。。。「昔、入った三井生命の・・・・が

・・・・○×△○なにがし・・・・こうこうしかじか・・」

「あ、、ん よしいそうめん~?」(顔、真剣)

(~_~;)\(◎o◎)/!

どういうように聞こえるのか? ウチの滑舌が悪いんか、、

三井生命がなんで 吉井そうめんなんや・・・・えっー

(クックックク。。ウㇷ゚ーっ(怒るとアカん) もう一度 ゆっくり説明したら

 「お~っ」 と言って顔を洗いに下りて来た。 あーー疲れるわ

名前書くだけに~、自分の名まえやで、なんも~

水汲みに

2017年7月 5日

大雨で雲城水を汲みに行きぞこなったので、今朝四時半に自宅出発で

一番町へ向かった。

往復一台も車には出会うことなかったし、信号も往復、点滅ですいすいー。

外でタバコを吸っている人と、歩いている人を見かけたぐらいで

この早い時間と思っても同じような考えの人が・・・水を・・・

その人は 汲みおわったとこで、私と入れ変わりでした。

顔は覚えていないけれど、お互いに「おはようございます」と挨拶。

置いてあるペットボトルが空いてくると 落ち着きません。

昼間は沢山の車と人ですが 早朝は気持ちがイイ。

雨上がりで空気もすがすがしい。

けれど昼間になって温度が上がってくると、、また、、けだるくなるのかな

・・・頑張って少しでも二階の片づけをしなくてはと思っております。

古い物

2017年7月 5日

201775ご1.jpg

離れの二階に置いてあった古ぼけた箱、

中身はこれ

201775ご2.jpg

201775ご3.jpg

そのお連れの台、木の蓋がしてあるが、側の部分ははずれている

クギは細い木制のクギです。今話題の将棋番?将棋盤?ではありません。

これって碁盤と云うのか?

旦那おっさんは 「わしは碁はしたことないけど、おじいさんが(昇三)したんかな」

している姿は見ていないようです。二階から持って下りるのは重かった。

これも、とりあえず座敷の床の間の前に置いておきました。

。。。置くところないもん。 ええ木で出来ている番か、盤、らしい

どないええ木なんか?
201775ばん1.jpg
201775ばん2.jpg
201775ばん3.jpg

201775ばん4.jpg


少しでも

2017年7月 1日

201771たから1.jpg

少しでもと思い離れの二階へ上がった。

まず、六畳間の押し入れを開けて布団などを畳に出した。

五組の布団に 薄手の毛布が何枚もある、隣の十畳間の押し入れにも

あるけれど そこは後回しとして

以前源さんに作って貰った宝船の置物を 本屋の座敷へ・・・

十七・八段の外階段を ガラスのケースをしっかりと持って💦💦

下へ降りた時には どっ~と疲れが わいた。

硝子の埃を拭いて夏になると出番の・・(すず風)・・のおねえさんの横へ置く。

だけど、けど、 あるもんです、あれだけ 今まで 処分していたのに

ロクでもないモノも未だあるのです。

簡単に引っ越しや移動やと、云うけど たいへんやわ、 

ウチはまだマシ、マシやと自分を励ましてはいるけど

体力が持たん はぁーーーふぅーー(´◉◞౪◟◉)  

201771たから2.jpg

離れを解体することになった。

2017年6月30日

「解体の方向にします・・よろしくお願いします。」・・・と📞

業者さんに連絡して又、一区切りつきました。

来週になってから、あれこれの段取り、の話を、気を引き締めてかからねば。

畳も二部屋分の十六枚はある、 和箪笥がひとさお、中はすでに空っぽ状態

プラスチックのケースがかなりある。それも中は空っぽ。

こうなると何年か前に整理処分しておいて良かったと思った。

二階部分のモノはそれほどでもありませんが

一階の調理場には 大部ある。

かなりある・・・う~ん  なんとかしてくれるでしよ あの子たちこの子たち

ーーーーーーーー

ーーーーーーーー

ある知人で 六十何年前の着物があるけど・・・という事は一枚や二枚ではない

たぁ~んとあるのです。あれはなあ・・・

あれは何とかの記念、 あれは一回も着ていない。。。など々

たくさんの理由があるようです。

整理整頓するつもりがないのです。 おっくうなのです。

そういう人には 「ずっと大事に持っていたらいいやん・・・いついつまでも」と

言っておきます。

そうすると、安心した心地になるようです。

思い切ることが出来ない人には一生懸命言うのが疲れます。(~_~;)

そう~~人それぞれ 無理なことはせぇーでもエエ、、、と思うようにしています。

楽しくやれるようになってからしたらエエ、 しかし元気なうちにだぞ

身体が動く間に・・・それも計算に入れておくべきを・・・・忘れないで

解体の見積もりがきた

2017年6月28日

待ちに待っていた 離れの解体と修繕の二通りの見積もりが

届きました。

思っていた見積額、、覚悟していた額の三分の一でありました。

修繕見積は屋根の部分だけである

修繕も解体も金額は殆んど差がありません。

ほんとうにこれで間違いないのかと思ったくらいです。

消費税も込みで 書いてありました。

ただ、、解体には電気、ガス、水道の工事は入っておりません。

九割決心がついたところ もう一度


鉄骨の下の土台や壁、、天井など、素人なりの目でみてまわりました。

だんだんと朽ちて行く様子がわかります。

屋根も下も直すくらいなら やはり 解体が正解であると確信しました。

解体するには 中の道具やモノ、モノ・・・大勢に手伝ってもらわなくては

できません。

おかげで皆が近所にいてくれるので助かります。

作業以外に 色々、種々、様々なことに相談に乗ってくれる皆(^◇^)

おおきにーーー😢感謝です

旦那おっさんの意見も聞いてあります

「・・・ほうやのう~古いもんは なくしたほオがええ、、

なげぇ・・こと、使うこうたさけ~もうええやろ・・・」てなことで

・・・ということですが、移動など 最終の段取りを決めるのに

近々みんなで、話し合ってくれる事になりました。

居ない人に来る封書

2017年6月28日

2017628こうじゃく.jpg
定期的に来ているのか は忘れていますが、こちらとしては

忘れた頃に あ~又この封書が来ている・・・と

いうくらいでいつも放っておいています、

もう、、六十年前に 八十何歳かで亡くなっている 旦那おっさんの祖父にあたる

昇三さん宛に来る封書です。

滋賀県にある江若交通からの 株についての事らしいが

昔は江若鉄道、、、と云ったらしい

京子ばあちゃんが生きている時に確かこう言っていた

「おじいさん(昇三)は株券を 街のおばさん(娘)に、あげたんやで」、、と

京子さんからしたら 街のおばさんは小姑にあたります。

その街のおばさんも カイロが原因で家が焼けてしまったから

株券も燃えたはずです。

火事かて 昭和五十年のことだから 四十年以上は過ぎている

街のおばさんも 旅立ってからどれ程になるのか。。。。

あの世に住所がないかぎり どれだけか経つと又こうして封書がくるのでしよ

街のおばさんの子たちはどうなんだろう

子達も もう高齢であると思う、、八十は過ぎているかも。

今度会ったらこの封書を渡せばイイのかもしれない。

ウチには要らないモノですから。。。


穏やかっていいですねぇ

2017年6月26日

2017625おだやか1.jpg

穏やかっていいですねー

2017おだやか3.jpg

気持ちが休まる、 

2017625おだやか2.jpg

ほんとうに、じっと海を見ていても 穏やかなのはいいもんです。

桟橋で海面をみつめて狙っているこの子も獲物はよく見えるはずです。

こんな日が 幾にち続くか祈りたいモノです


最近の記事
facebookページ