株式会社小浜マリーナ
トップページ  >  かあちゃんのひとりごと
かあちゃんのひとりごと

2/5 売り切れのモノ

2019年2月 5日

201925なます.jpg
大根もこの時期 みずみずしくて白和えするのには 最適だと思い

作った。 一番やっかいなのは 太い大根を千切りにすること、なますかきで

下すのですが 目に詰まったりで難儀。 あとのコンニャクや油揚げ、豆腐、

などは簡単である。  

もうひとつ のあるものを 作ろうとして 材料・・玉ねぎ、鶏肉、竹輪、ごぼう、

人参、油揚げ、しめじ、などを用意して 最後の仕上げの ○〇を スーパで探した。

前からたまに 使っていたので 普通にあるもんと思っていた。

見当たらないので 店員さんに聞いたところ しばらくして「今、売り切れです」

とのこと、私は(売り切れ?) ここの店は初めから置いてないのではと思い

別の店へ行って 探したが あれっない・・・同じように店員さんに 聞いた。

「ちょっと待ってください」 と小走りに 陳列の棚を見に行ってくれた。

棚にはその品物の表示は裏を向けてあり 「売り切れですね」とのこと

私は不思議であった あれが売り切れってそんなこと・・・と

又 別のスーパへ行った 二度あることは・・・と思いながら  

商品をならべている人に聞いた。  

やはりそうであった。二度あることは・・・・しかし その人は訳を言ってくれたので

納得した。

「テレビで 放映があったので 売り切れたのです。」 と

「あ~、、そうなんテレビでそんなこと放映したん そんなら解りました。」

しばらくは 品薄になっても そのうち出て来る  視聴者は長続きしない

今迄からそうである。 ココアがイイと言えば どこの店でもココアが無くなった。

甘酒もそうです。 もち麦もそうです。

一緒にスーパへ行った友達が 「そういえば この間テレビでゆうとったな」

知らなかったわ 誰の番組? 林修、たけし、そんなとこだろうね。

テレビの影響は凄いと思う、  仕方ないのでそれに代わるモノを買って

作った。  ○○とは おからパウダーのことです。

わたしは【うのはな】、、を買って 煮た。

店の人は 私もテレビの影響で買いに来たと思とったやろな

広峰の兄様 おかずの話で ごめんちゃい。 

201925おから.jpg

2/4 きのうは節分

2019年2月 4日

201923せつぶん1.jpg
節分・・・とは年に四回ある  立春、立夏、立秋、立冬、と季節を分ける日。

節分はその前日。

季節の中で(立春)が最も重視されているから大々的に行事が行われると云う。

甲ヶ崎の円明寺からは 玄関でお経を唱えてお札さんを置いていかれます。

ウチでは 「👹鬼は外ーー福は内ーーー」と豆はまきません。

鬼は外ーーと・・・なったら わがウチは空っぽになってしまう。鬼ばかりであるから。

201923せつぶん2.jpg

1/30 いちがつ行く にがつにげる

2019年1月30日

2019130きょう1.jpg
今日いちにち 夕方まできっちり良く晴れた良い天気であった。

庭の松の木が黄色く見えるのは 枯れているのではなく 夕陽があたって

こんな色になっている。なべちゃんログも陽を浴びて、いい感じです。

2019130きょう2.jpg

なんというか とても穏やかな、いちにち。 めずらしく朝からず~っと

気持ちの休まる天気で 本当に嬉しい日であった。 

 陽は左方向に沈んでいきます。

2019130きょう3.jpg

どでかい大根を煮ていて コンニャクや焼き豆腐、厚揚げなど入れたら

鍋にいっぱいになり 茹で卵は無理だと決めて 卵は無し・・という事にした。

ところが 仕事から帰って来た

孫ボンが 「おでんには玉子やで、」 を連呼するので 出汁を取り別の鍋に

茹で卵を煮た。  皮をむいてから 大鍋にドバッとあけて できそこないの

「おでん」と云うことにした。  簡単そうで おでん とやらは煮るのは

苦手なおかずです。

明日になったらよ~く浸みるかもしれないが 飽きるほど鍋を見つめていたので

食べる気になるかどうかというところです。 明日を待つ。。きょうの日よありがとう。

天気はすぐに変わるが いちにちでも有り難い。

2019130きょう4.jpg

1/29 いちご大福

2019年1月29日

2019129いちご.jpg

親戚の法事に行かなかったので 家の人がお供えの品を持って来てくれました。

その中に いちご大福もあり 幸せ気分になった。 何日か前なら見ているだけで

食べようという気にはならなかっただろう。

今日は もう身体も元に戻ったようで 有り難いと思う。

調子が悪い時てホンマに何をしてても早よ早よ寝転びたい・・・ イッ心だった。

でかい身体を 前かがみにしながら 眉間にシワを寄せながら 返事もロクにせず

暗い空気をまき散らせて いたに違いない。

女は損や 女は損や エラくてもあれもこれもせんならん。と

不満を思いながら 身体は寝てても アンテナはピーン。。

(ああ~ あそこは散らかっているやろな、 汚れた茶碗や鍋は山積みやろな、

おっちゃんの食べるモノも考えんならん・・・などなど(≧▽≦)

しかし 楽になってくると有り難いモノで サッサっと動ける

周りに 👿悪魔顔をしなくても 良くなる  健康には感謝です。

そうそう いちご大福のことだけど  いままでに 種類の違ういちご大福を

二度食べた。

ず~~っとまえの事になるけど 大阪のいちご大福で 中にはアンがなくて

酸っぱいいちごが入っていた。 う~~ん 食の大阪 これは高級な大福

なんやろうなーー。  外側の餅の中に 白っぽい いちごが、なんとも~~。

あれから 十年は経っているが 好きな大福のことなので覚えている。

それから あと お菓子処京都の  いちご大福に縁があり これは凄いと

(見た目が) 思える大福にめぐり会った。 ・・・・・が・・・でした。

人は好き好きであるから 世の中にこんなに沢山の モノがあっても、

うまくまわっているんだなあと思った。

自分が好物だから 人もそうだとはいえない。 同じ種類でも みな違う。

わたしは いちご大福なら小浜のこの いちご大福が最高においしいと思う。

これに勝るものは 自分の中ではないと言える。(いちご大福に限っては)

人それぞれ好みが違い 好き嫌いがあるんだねぇ~~。

形が潰れ加減になってしまった いちご大福を 十時頃にいただこうかなあ☕

1/28 まともな海老フライ

2019年1月28日

2019127えびてん1.jpg
一週間まえに 出来上がりの海老フライを買って楽(らく)をしょうとしたけど

あの不味さには参った。

今回は生から 玉子と粉を付けてフライを作った。 じゃまくさくても 自分で

せなあかんなあ~。 海老は真っすぐではないけど 切ってみれば 海老の身が

こんなようになっている。 小麦粉やパン粉は薄く これでいいんだ。

油臭くもナシ 手を掛ければ なにも文句は無い。おいしい。

そろそろ時短料理から 抜けなくてはいけないわ。 しゃきっとせんと。。

2019127えびてん2.jpg
日本海側は陽の当たる日が少ない。

陽に当る時間が短いと人間は落ち込みやすいらしい。↶

どうしても下向き加減になるが 上を向くだけでも気分が晴れて元気が

出てきやすくなるらしい。 らしい、らしいばかりですが 実際そうですから。

そのためにも外へ出て空を見上げながら ぼーーっとしてみよ・・という。

陽ではなくても光をあびることで 人の身体は活発的になるらしい。

昼間は外にいる時間を増やして  そうでなければ夜でもコンビニなど

光の強い場所に行く機会をつくるといいらしい。

笑える何かを探して笑うようにしよう。。。って。

落ち込みやすい、寂しい心を 温める特効薬は文字通り 温かいお風呂、

温かい食べ物、  温かい飲み物、、、、あたたかいモノが人間の心理環境に

左右されやすい、あたたかいモノに囲まれると前向きな気分になってくるそうです。。

海老フライから なんやら話が それて行ったけど きっと私は 落ち込んで寂しいの

かもしれないね。   ちょっとした病(風邪)から 気が弱くなってしまったんかな。

見るからに、か弱き (?_?) 人間だから。。🏃


1/26 霍乱・・で時短おかず

2019年1月26日

219126れたす1.jpg
鬼の霍乱、かくらん いつもは丈夫でも体調を崩すことがある。

まさに 私は今それなのです。少し何かをして、家に男たち三人居れば最低限のことは

しなければならない。  で少し何かをして、寝転んで しばらくして又、ちょこっと

家事の一部をして 又寝転ぶ その繰り返しの状態が 続いている。

寝転んでいる所へ 孫ボンが 「これ、貰って来た」とレタスを見せに来た。

「あ~、ほんまぁ~誰にもろたん、」  「せ・ん・ぱ・い」

せんぱい?これか! なにかというと せんぱい、かともだち なんで名前を言わないん。

言うてもわからんやろ」 というけど 我が子の時にはよく名前を聞いていたので

いまでも 名前を聞けば 顔も思い出すことがある。

しかし 孫ボンなんかの ウチに来る子たちの 名前誰も知らない。

まして、離れで 集まっているので尚更である。

言いたくなければ 聞かなくても言い。 時代がちゃうんやろ。

2019126れたす2.jpg
そのレタスを ソーセージで巻いた。  こうするととても食べやすく美味しいはず。

今は 手の込んだ(いつもだけど) おかずは作る気がしない。  

イマイチすっきりしない。  一月が終われば元に戻ると思いながら日の経つのを

待っている。

明日の親戚の百ヶ日の法事も (ホンマはおっちゃん方の親戚)お断りした。

お寺の開山講も休ませてもらおう、 無理して行かれないこともないが

心身疲れるので――という選択の方が大きい。

年に何度もある寺参りです。行ける時だけでいいや 私は無信心者なのでしよ。

かあちゃんのひとりごとも いっきには書けない。。(?_?)

何ねんか前にも こんな霍乱があった。 歳の節目に。。同じことやわ。


201912れたす3.jpg

1/24 わとと

2019年1月24日

2019124わとと1.jpg
年に一回か 多くて二回ドライブがてら一緒に行くことがある おばちゃん、

先日の事 連絡があり

山の方へ行きたいと云うので 初めは末野のここいろ、へ行ったら二月末まで

休みとのこと。  山の方というと 根来方面しか・・・

そうや忠野のカフェへと思ったが 予約がいるはず、  だがカフェの名まえが

出て来ない 電話を掛けるにしても 名前が・・・?普通の名ではなかった。

とにかく そっちの方へ向かって走った。

忠野には11時に着いた 開くのは11時半からで  一応ふたりと言っておいた そして

車の中で待っていた。

来るわ 来るわ つぎつぎと車がきた。 この人達は予約をしてあるんだと思った。

小さな子供連れの若いおかあさんたちが  みな同じ顔に見える。

髪の毛はたいてい長いし 着ている服も今どきの ・・・・。

駐車場は言うてる間に満タン  道路にもずっと 何台も停めてある

2019124わとと2.jpg
そうや、、わとと、、という店やった。。  古民家をカフェにして  その日のランチは

メニューが決まっている  ケーキと飲み物は選ぶ。

黒ごまナンチャラと言うケーキに コーヒーを注文、 初めに雑穀飯が来た。

ランチが決まっていると云うことは その店にしたら 楽っちゃ楽、

ふ~と あのヘルニアにいちゃんが浮かんできた  【痛】 ということは

本当にツラい事  治るんかナ、ヘルニアは (~_~;)

2019124わとと3.jpg

2019124わとと4.jpg
2019124わとと5.jpg


「こんな変わったモノは常には食べることないし またいいものやな」と喜んでいた。

ワトト店長 カタカナ語で説明してくれたけど わたしの頭には入っていない。

出してくれた水でも なんかの匂いがする レモンかなんやろ。

私は普通の熱いお茶が欲しかった。  言わないでいたけども。

1/23 余裕をもてよ

2019年1月23日

布団から 首だけ出して 時計とにらめっっこをしながらの朝。。

あと五分あと五分が闘い、の日々・・・

今朝は闘いは止めて 一時間早く起きた  四時半です。辺りは静寂

同じことをするのでも 時間があれば焦らなくてできるのに、これがなかなか。

洗面所のストーブを点け、炬燵を暖め、 

味噌汁を作り  玉子焼きをして ハムで胡瓜を巻、ヨーグルトにバナナを入れ、

梅干、漬け物、刻みネギ、を出す。

たったそれだけが ぎりぎりに起きると焦るのです。

炊飯器がシュー―ぼこぼこと音を立てて湯気をあげている。

毎朝 六時十分に炊き上がりにしてある。

一時間の事でこんなに余裕を持って朝の支度が出来るのが 続けられないとは

寒さのせいである。 なにもかも寒さのせいである。

1/22 何処にいるのか海老は・・・

2019年1月22日

2019122えびふらい.jpg
スーパで出来上がりの海老フライを 買った。

いつもは生の海老を買って 作るのですが もう出来上がっているし

これは楽だわ、 と・・・・しかし 食べていくうちに 油のニオイだけで

いったい何処に海老さんが入っているのか分からない 粉の味だけで

失敗でした。 出ている尻尾はまあまあの大きさだけども。 

ようもまあ こんなに太った海老の形に上手にしてあることやら。

ジラな考えで ラクをしようと 思ったのが大きな間違い

大きくても小さくてもそれなりに粉を付けて揚げてくれないと、

今日のは海老ではなかった。

小麦粉とパン粉と油の 味だけで私は反省ばかりです。

だけど、、、あれだけの海老フライ は誰かが買って行き完売するんだろうね。

トンカツでも チキンカツでも 自分で作らなければ あきません。  

1/21 大寒たまご

2019年1月21日

2019121大寒たまご.jpg
20日が大寒だったのですね。

天気が悪くて 寒くて 土曜日とは大違いの 20日 日曜日です。

おっちゃんも 丸々 いちにち半 起きて来ない。 息はしている。

動く気が無い時には そっとしておくのが お互いに平和である。

今更、、「起きて、ご飯はどうや?」 「なにか欲しいか」などとは 聞いたところで

答えるはずがない。 

きのう、宮川エッグの【なおさん】が 大寒たまごを 持って来てくれました。

わたしは大寒卵という言葉を 知らなかった。 感謝です。

大寒の寒い時期に 産んだ卵には栄養たっぷり詰まっていて 健康に

良い。 黄身が濃くて金運幸運アップらしい、  幸運はそれぞれの取り方

思い方で感じるモノであるから  わたしかぁちゃんが望むのは 健康である。

金運は あるに越したことはないが 無いなら無いでやっていける。

特にこの時期 風邪と仲良くなったり 陰気な日が多くて落ち込み気分が

続いたり・・・・で身体が元気なのが最高です。

今朝は 孫ボンが 大寒たまごを 炊きたてご飯にかけて

美味しそうに食べていました。

わたしも 皆がでかけてから たまごかけご飯をいただくとしましよ。


最近の記事
facebookページ