株式会社小浜マリーナ
トップページ  >  かあちゃんのひとりごと
かあちゃんのひとりごと

12/29 自動車運転免許要らなくなった

2018年12月29日

おっちゃんの自動車運転免許更新の案内が来たので免許センターへ電話を掛けて

免許更新はもうしないので…行きません。 これで終わります。」と云うことを

言ったところ 「返納しますか?」と言うので 「返納というか本人は返納をしに

行かれないので免許証をそちらへ送ってもいいですか」

「送って貰うということは そういう方法はしてない」 と言う

「じゃぁ そのままにしておいて失効したらいいのですか」

「それは そうしろとはこちらからは言えません。本人が近くの警察署へでも行き

手続きをしてほしいのです。」  「駐在所でもいいですか」

「駐在所は、あ~ダメなんです 警察署で・・・」


「本人が動けるぐらいなら更新しますよ。もう

運転することが困難であるので運転を止めるということで それは話が合わないのでは

ないですか?」  「そういわれるとそうですが・・規則がそうなっているので、

もしもなら家族が代理でもいいので 委任状、誓約書、何々書、」などなど

高齢で自動車の免許を返すと云うだけで あれやこれや 面倒なことです。

「それでは 有効期限済むまでほおっておきますよ、それで失効したらいいので」

と言って電話を切った。 罰せられることもなかろう・・・

12/28 違いがわからんよ

2018年12月28日

まい朝 読んでいるナカムラブログ です。一度ではない。

あの子のヘルニアはだいぶ良くなってきているようで、、(^^♪

なんやてーーペインダイエット?またまた ウチの不得手なカタカナ語かぁ

・・・と思いきや ご丁寧にペインとは 英語で「痛み」という意味だと(~o~)訳してある。

痛くて飯が食えないわけでだはない!とは あたりまえでしょうが・・誰もが食えない

とは思ってないでしょうが あんなに【ごっっおぉ・・】の話を載せているんだから。

 🎅24日のほのぼのする、

チーズフォンデュの美味しそうな、そして幸せそうな写真?、画像?、映像?

カタカナ語ではないけど違いはなんでしゅか?おちえてくだちゃいな 婆にはわかりまちぇん。

12/28 防弦材というのだろうか

2018年12月28日

20181228ふね1P1030856.jpg
一番町の雲城水を汲みに行った。 汲みに行っても そこは

チャンとした駐車場がなくて係留してある船の横にたいていの人が

車を停めている。  横にある郵便局にも駐車場が三台程しか停められなくて

この海沿いの所に停めている。 

話しはそれるが すぐに不在票を入れて行く郵便局なので 小浜郵便局まで

取りに行かなければならない。  それなのに駐車場があまりにも少ないので

前の銀行を利用している人もいるようです。

郵便局は間違っても電話はかけて来ない。 チャイムが鳴って出て行くと

もう、配達の人はビューンと🚗で行ってしまう。

それは・・・ずうーーーーと前からのことで あきらめています。

 さてとーーーーーーーーーーー🚗 ⛵⚓

わたしは水を汲むために だいぶ遠いところに車を停め辺りをみながら歩いていた。

大きな船が泊まっている横を通るときに見たモノは 岸壁に船舶を保護するための

防弦材と云うのかプレジャーボートなどはボート側につけているが

岸壁側に取り付けてあるのを見ていた。

20181228ふね2.jpg

いくつかのタイヤの中に丸太を何本か通してあるのを始めてみて、

こんな方法があったとは知らなんだ あ~知らなんだ、知らん事てあるもんや。

20181228ごがん3.jpg

普通のタイヤを並べて取り付けてあるのはよく見るので珍しい事ではない。

まあ~まあ。。。。大勢の人が水を汲みに来ているのです。 

20181228ごがん4.jpg


12/27 御座候で昔をおもう

2018年12月27日

20181227ござ1.jpg

泣けそうになるよ、こんな絵のような日て 子供の頃にあったような、、父親が早くに

亡くなっているので 父の存在は考えたことなかったなあ~

居なくて普通であった。  ウチが生まれて四ヶ月ぐらいで逝ったそうで

ウチの顔ももう分からなんだみたいだった。

父が居たらなあ・・・ということは一度も考えたことがなかった。

大雨の日に箕の材料を取りに行って・・・当時はリヤカーか、ダイハチ車かしかない

時代だったから 身体に雨が浸み込んで 病気になったとか、おぼろげに聞いたような

気がする、母親は父の話は殆んどしなかった。物心付いた頃は仕事で留守ばかりの家だった。

ウチは鍵をかけて学校へ行き、 鍵を開けて入るそんな日々で、、

学校から帰って来たときに 母親がたまに家に居た時には凄く嬉しかったのを覚えている。

「おったん~、おったん~何んでおるん」と嬉しくて叫んだなあ~。 

御座候の包みの中に 【あずきミュージアム紹介 幸せの味 平和の豆あずき】として

あずきやあんこにまつわる色々な話をお客様からいただいた思い出を交えながら

紹介しています。。と書いた案内文が入っていました。

20181227ござ2.jpg

20181227ござ3.jpg

京都の藤本さんが御座候を持って来てくれました。

マリーナへ来てくれた頃はまだ五十歳くらいだったかな あれから何十年。。。

今は娘さん夫婦がお船で釣りにでかけてくれています。

遠い長野県からです。大切な御座候は白あんとあずきを セットにして

ラップに包み 更にジップロックに入れて冷凍にする。

あずき二つ、白あん二つ こうやっておくと 

友だちが来たらお茶時間に ちんーっしていただく ☕幸せ時間なのである。

12/26 アロエのおっちゃんが

2018年12月26日

20181226ぺっとぼとる.jpg

「なんか、、声がしたなあ~」 ちょうどその時には 灯油が置いてある場所に

長男がポンプの管の事で作業していた。ウチはそれを見ていた。

玄関の方へ行くと アロエのおっちゃんが ペットボトルの雨水をやってくれていた。

「 あぁっ・・おおきんね、いつも」

「 おぅー オンノコ (おったんか)、 きゃぁ(今日は)ええ天気やさけ、水もやらんとな~

こんで、ちっと間はやらんでええ、 これから イテッサケ(凍るから)

いっつも、黙ってやっとるんや、この水は置いとくさけ ほんなら。。」とおっちゃんは

次の所へ 行ったようでした。

12/25 今年最後の晴れの日

2018年12月25日

20181225さいごのはれ1.jpg

二階のおっちゃん部屋から 今年最後の晴れのマリーナの風景を

撮った。 こんな日は日本海側の小浜では今年はもう見られない。


20181225さいごのはれ4.jpg

郵便局とピオネバースも お日様で光っています。


20181225さいごのはれ2.jpg
この久須夜ヶ岳で 天気のようすを 見たりしている 岳に雲がかかって

来ると 雨がやって来るとか・・・ 

20181225さいごのはれ3.jpg

もうじき お日さまも 帰るようです。短い一日でありました。 

12/25 凍らないうちに

2018年12月25日

最強の寒波・・・とテレビで放送  そうかぁ、いつやらは今冬は暖冬らしいと

言っていたけど 違うんか~。なってみるまで何でも分からへん。

あさってからは 大雪やら大風やら言っている

忘れないうちに庭にある水道栓に 古い毛布を被せてビニール袋を

かぶせておいた。

水道がはじいて元栓を〆なければならなくなると 🏠中の水が使えなくなる。

ウチは毎年庭にある水道カランは 凍らないように早めに準備している。

年末年始にはどうか 穏やかな日になってほしいと祈ります。

12/23  朽木のぼた餅

2018年12月23日

20181223kutukinomoti.jpg
朽木の道の駅に売っているコスモスのぼた餅。

ぼた餅が大好きなウチは 朽木のこの ぼた餅の存在を 忘れていた。

今日 なぎさんから頂いて と~っても懐かしく思い出したのです。

そうやわあ~朽木の道の駅のコスモスぼた餅、いうモノがあったんだった。

そうやった。。ウチの脳裏から遠ざかっていた 朽木のぼた餅・・・・

こりぁ・・なんと嬉しいモノを。  私は あずきの匂いから 色から味からすべて

大好きなので きょうは ゆっくりと味わいながら懐かしさと共に よばれようと

思います。 いただきまあーす (^_-)-☆ 🎶 ありがう おおきん。

12/19 正月飾り

2018年12月19日

晴れていたので 正月飾りを買いに行った。

色々と立派な飾りの高価なモノや、上を見たらキリが無い・・・。

しかし 下を見たら下のキリがあった。

わたしは下のキリの飾りを買った。 今まではおっちゃんが まあまあの、、、

(そんなに立派なのいるんかな)と思うくらいの飾りを買って来ていた。

きのうのテレビでは お飾りの高い、安いでは御利益には差がないと

いうことだった。

御利益などとあつかましい事は望んではおりません。

神様が 身分相応を考えてくれて 少しの御利益でも有り難く頂戴いたします。

風が吹くと飛んで行ってしまうくらいの軽い飾りですがウチはそれが似合いであります。

12/18 正月飾りの準備を

2018年12月18日

正月飾りが もう前から店頭に並んでいますが どうせ要るモノで、

生ものでもないので 買っておいても良いんだけど、今日もまだ

買うことはしなかった。

天気予報を見て晴れた日に買うことにする、明日晴れたら明日にする。

神棚と 床の間と 仏壇と、玄関と・・・昔は車にも丸いのを掛けていたけど

最近は余り見かけないなあ、

毎年お飾りはおっちゃんが買って来て ウラジロもどこからか採って来て

みな、飾りをしてくれたけど、三年ほど前からは、もう全然です。

はたして 正月が来るということが分かっているんだろうか?

それぐらいは なんぼなんでも 24時間テレビを観ているんだから

ニュースで分かっているだろうね。テレビが命の日々であるから。

人とは滅多に話はしない・・・そらそうやろ 人が来ないもん、誰も。

外へ出られなくなると ホントに寂しい人生になるんだなあー。

そうはなりたくないけど 先の事はどうなるか分からない。

そういう私も おっちゃんに余り話がないもん。

地区の話をしても 聞いているのか、いないのか大した反応もないので

こちらも ついつい。。。。の毎日である。

最近の記事
facebookページ