株式会社小浜マリーナ
トップページ  >  かあちゃんのひとりごと  >  3/9 嶺北と 嶺南

3/9 嶺北と 嶺南

2019年3月 9日

福井大学病院は なあんと~広いところなんでしょ。

 行くところには、人、人、人、 正面玄関入った所には幾種類もの受付があり

 どの受付にも 午前中は行列です。

 コンビニもあっちとこっちにあり、そこには食べ物は勿論で衣類から日用品あり、

 普通の薬局もある。ATMは当然。

 喫茶店あり、広いレストランあり、理髪店もありで ひとつの街です。

 こんだけの人達の中を幾日かいて 知った顔、似た顔の人には誰一人会わなかった。

 同じ場所に目あり鼻あり口ありでも皆顔が違うんだから、これまた不思議。

 どこの病棟にも談話室があり、そこにはいつも人が集まってくる。

 内科と違い整形外科は特に集まるようです。

 名前は分からないなりに顔見知りになり、自然と話をするようになる。

 「県外から来なさったんかの」・・・「嶺南の人かの~」と声をかけられる。

 「はぁい、嶺南です。小浜です。 わかりますか?」・・・と聞いたら

 「嶺南の人は ここいらと違って話し方が違う 言葉にクセがあるんやが」

  「 ほやほやアクセントが違うんやがねーー」

  ひぇ~~っ嶺北の方が それこそクセが強いと思てたのに。

  談話室に朝早くから出て来る おっちゃんが歌が好きで

  イルカの🎶。。。。きょねんより、~~ずっっときれいになったぁぁ~♬ と

  通る看護師さんを指さして唄うと 「ほうか~の、去年を知っとるかの~」と

  言って通り過ぎたりしている。

  そう考えると二月にいた長野市の人達の言葉は違った関東弁とも違ゃう。

  何処まで行っても果てまで行っても日本語だから通じる。クセがあってもな

 

 

 

最近の記事
facebookページ