株式会社小浜マリーナ
トップページ  >  かあちゃんのひとりごと  >  8/1 ウチの旦那おっさん

8/1 ウチの旦那おっさん

2018年8月 1日

音羽の姫に 呪い(まじない)でお願いしながら探していた電気毛布の

差し込みコードが見つかった。

見つかったというより 初めからそこにあった。 毛布だけを外へ干したということ。

その毛布は旦那おっさんのモノで、敷布団の下に敷いてあったのを

片付けの為 照りつける灼熱太陽に当てて 消毒したちゅうこと。

考えて見りゃ(考えなくとも) つまりは私かぁちゃんの 思い違い、か

記憶が いい加減なことだということ。。

年々こうなる。

おっちゃんの身体の衰えをみていると 足腰を動かさないことが こんなに

なるのかと驚く。

いつものように時間関係なしのおっちゃんが起きて来ると・・・

「今。。何が欲しい?」と聞く・・


「う・・・ん トマト🍅があったなあ、、あれをくれんこ」

トマトも熟していて 薄皮も簡単にむける、おっちゃんは ちょっとした

皮という皮が口に残りいつも出してくる それは昔からのことです。

繊細な人間でもないくせに。

ご飯も おにぎりに🍙にしておかないと 食べない。

箸を使うのが面倒なんやろ。

「わしは、思い残すことはな~んも、ねぇー」 そうや、、、

「自分のしたいことは してきた」そうや、、、

ふ~ん

周りの者たちが振り回されたことは 頭には無い。わが身ひとりでは

何ごとも出来ないよ。

例え 思い残すことがあっても もおー出来んやろ おっちゃんよ。

最近の記事
facebookページ